top of page

腕の痛みの原因は1つじゃない!

2月ももう終わりですが寒さはやっぱり続きますね・・・・来週から暖かいと言われてますが花粉も飛ぶと思うので気を付けないとです!


凝りが出やすい箇所して言われるのが『首や肩・腰』ですが動かす際に腕に@痛みが出る方がいらっしゃいます。腕を上げようとした時・・・捻じろうとする時に肩に近い腕の外側や内側が痛んだ経験ありませんか??

ストレッチやマッサージで少し軽減するけどまた違和感がでる!!そんな方もいらっしゃると思います。


なんでそうなるんだろう?? 腕が痛いって事は使い過ぎなのか? 姿勢の問題なのか?


原因は腕ではなく肩甲骨の動きからきている場合が多いです!もちろんすべてではないので靱帯や骨に異常がある場合もあるので専門外来に受診される事も大事ですがMRIや診断でも特に異常がない場合で痛む場合は肩甲骨を安定させる又は動かす筋肉に問題があると思われます。


肩と股関節はよく似ている構造になっています。それは骨盤や肩甲骨のカップに脚や腕の骨の球体がハマって動いている所です。動かすので色んな方向から筋肉で支え安定させていますが同じ方向ばかり働いたりしているとハマっているバランスが悪く動きがも悪くなります。その結果、痛みや違和感が出るケースが多いです!


だから使い過ぎている場所をほぐしてもまた同じ使い方・動かし方だったら同じ事になるのは自然な事です・・・

一般的にヒトは前を向いて動く事がほとんどなので、どうしても腕の骨や肩甲骨を支える筋肉も動かしやすい方が強くなりますし筋肉も大きさです! 


筋肉は縮んだり伸びたりしながら働きますが使っている方向が同じだと硬くなり働かなくなります。だとしたら改善するためには普段縮んでる筋肉を伸ばし・・伸びてる筋肉を使う事が大事になります!


それと大事なのが『胸の動き』です!胸の動きで肩の位置も腕の位置も変わってくるので胸の動きもセットで改善していく必要があります。身体はくっ付いているので痛みが出たら1部分だけの問題ではない事がほとんどです!猫背になると首も前に出るように原因を考えて動かす事が近道だと思います。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page