top of page

子どもが大人に言われたくない言葉とは?

GWも後半になり天気も良いですが5月にしては暑いので熱中症には気を付けたいですね!

明日は子どもの日ですが、子どもが『大人に言われたくない言葉』『言われたい言葉』の1位って何か知ってますか??


自分が子どもだった頃どんなこと言われたかなぁ〜〜って思い出していましたがやっぱり勉強に関する事や『早く〇〇しなさい!!』は何回も言われた気がします。言われるのもわかってはいるんだけど....言われると余計やりたくなくなってしまうのも大人になった今でも思います。


言われたくない言葉

1位 『そんな事も出来ないの?』

2位 『もう勝手にしなさい』

3位 『早くしなさい』



『なんで叱ってしまうのか??』

思い当たる言葉だと思います・・・怒る事や叱ることはもちろんあると思いますし必要ですが大事な事は子どもが理解しているか??って事みたいです。人間はもともと正しくないと思った事に対して罰したい!と言う欲があるようでその欲を満たすための行為が『怒る・叱る』になります。怒られた子どもは苦痛から逃げたいから言われた通りにする・・・でも納得したりちゃんと理解しているわけではないのでまた同じ事を繰り返してしまう!


『ずっと叱られるとどうなってしまうのか??』

叱った大人は言った事で素直になるのでそれが成功体験になり何かあればすぐに叱ってしまう現象が起こります。では子どもにはどんな影響が起こるのか?一見言われた事に素直に聞き従うので効果的だと思いがちですが。。。自分で考えて動く事が出来なくなってしまう現象が起こってしまいます。



『効果的な方法とは??』

叱る事にも体力が入りますし怒られる方もストレスが掛かります!一番良いことは怒られる前に出来る事やそうならない為に注意する事を自分で理解することです。

一番大きいのは話し合うこと!子どもが何が出来て出来ないのか理解して時間配分見直してみたり自分からやるまで見守ってあげる事が大事だと提案していました。



子どもと大人だけでなく『上司・部下』『先輩・後輩』でも同じような事が言えます。どこか対等でみていない気持ちが従わせようと言う言葉や態度に出てしまう行為に繋がっていくような気がします。今まで感覚的にしていた事を言語化すると自分にも凄く共感出来て改善しないといけない気持ちになります。


ちなみに言われて嬉しい言葉は・・・・・

良いじゃん!やってみなよ!

ありがとね

がんばったね

そんな事で嫌いになったりしないよ

大丈夫!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page