top of page

『ダンス』と『良い姿勢』の共通点

今日は朝からオーディション用のダンスコピーレッスンあり曲もビヨンセだったので激しい動きの連発でした(汗


『ダンス』と『身体メンテナンス』をレッスンしているから思う事がありますがダンスは凄く身体の動かし方に良いと感じます! それを思ったのはピラティスや身体の正しい動かし方を勉強して改めて実感したんです。


皆さんは『良い姿勢』って聞いた時どんな印象持ちますか??


骨盤立てて。。胸張って。。ピンっと立つ!!みたいなイメージしませんか?? 

確かにそれも大事ではありますが一番大事な事は『自由に動かせる』って事なんです! 


どう言う事かと言うと。。。腰を反るだけではなく丸める事も大事ですし、背中も反ったり丸めたり出来る様になる事がとっても大事なんです!腰痛や凝りで違和感がある方は同じ動きしか出来ない事が多いですし使う感覚がそもそもないんです。。動かそうとしたら変に体全体に力が入ったり・・動かしたくない所まで一緒に動いてしまったり・・・自分が思った通りに動かせる事が姿勢が良いと言うことに繋がります!


人間の性格で言うと面白いかも知れません!

『この人は性格良いよね!』って言われる時にイメージしやすいのは『優しい人・怒らない人』だと思いますが。。。でもそれって本当に性格良い人なのか?!ってことです。

悪い時に注意してくれたりしっかり意見を言ってくれる方が性格が良いって思ったりしませんか?身体もそんなイメージです。やる時・やらない時をちゃんとわかっている事が大事なんです。


姿勢に話を戻すと。。。その自由に動かす練習が『ダンス』になるんです!ダンスには基礎練習でアイソレーションと言う方法があります。日本語で言うと『分離運動』 これは頭だけ・・肩だけ・・胸だけと単体で動かせる様になる為の練習なんです。このアイソレーションの組み合わせがダンスになっていくのでダンスが上手い下手はアイソレーションが出来る出来ないと同じことなんです! 


このアイソレーションが上手に出来る事で力を抜いて身体を動かすことも連動させて動かす事も自分の思い通りに出来るんです。人は動く事がメインなのでどんなに止まってトレーニングしてもそれが動きの中で保たれて無ければ意味がありません! それだけにダンスは動きを見れば『クセ』『力み」『苦手な動き』がわかりやすいんです。


もちろんダンスをやれば絶対に良くなる訳ではありません!実際にダンサーでも腰痛や関節痛の人も多いので正しいアイソレーションが出来ないと逆効果です。ダンスに少しでも興味ある方や今年は動かそうと考えている方はぜひ試してみて下さい!   


当スタジオではピラティスからダンスまでマンツーマンレッスンの体験レッスンもございますのでお問い合わせください!





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page